So-net無料ブログ作成
検索選択

ラッパーズイセン [├ 天空のベランダ(園芸)]

DSM_0035.jpg
DSM_0058.jpg
DSL_9999.jpg

水仙です。

  

  

 

ナルキッサス・カンタブリクス(ユリ科 Narcissus cantabricus)です。

 

 

スペイン南部~北アフリカ原生のスイセンです。

 

 

 

 

 

 

花弁が微かな淡黄色に見えます。

 

 

 

背景が日中の曇天[曇り]なら、とても識別[サーチ(調べる)]し難い[たらーっ(汗)]でしょう。

 

 

 

 

DSL_9998.jpg
DSM_0081.jpg

書き文字[ペン]の様な事はありません。

 

 

 

 

ナルシストならばお見せできない姿[あせあせ(飛び散る汗)]でしょう。(笑)

 

 

 

食虫植物ですら、食した後、口の周りに食痕を残す事は無いのです。

 

 

 

 

 

花粉が水に溶けて花弁(正確には副花冠)に付いているのです。

 

 

花粉の方が花弁よりも黄色い[exclamation]です。

 

 

 

そーいえば水に溶けない花粉もあった気がするのですが、思い出せません。

 

 

 

 

 

[かわいい]はスイセンの中ではとても小さなクラスです。

 

 

 

 

DSM_0035.jpg
DSM_0043.jpg
DSM_0044.jpg

そう!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッパ型[演劇]の部分は花弁ではなく副花冠なのです。

 

 

花弁はと言うと、ユリ科植物なので[6]あるのです。

 

 

合弁花ではないのです。

 

 

 

 

 

外側でみたいになびいている のが花弁(花被片)です。

 

 

 

 

DSM_0052.jpg
DSM_0019.jpg
DSM_0016.jpg

葉っぱはクロッカス(アヤメ科)に似た糸葉(松葉)状です。

 

 

スイセンだと大抵はニラ(ユリ科)によく似た肉厚の葉っぱです。

 

 

たまに間違って食して、病院[病院]に運び込まれたりされてます。 

 

 

 

 

 

葉っぱがクロッカス似という事は、管理も同様であると天空~の住人は勝手に解釈してみます。

 

 

 

冷涼な涼しい気候を好むという事でしょうか。

 

 

 

読み通りなら、天空~のナデリ沼に置いたら夏前には土に還っている[たらーっ(汗)]事でしょう。

 

 

 

 

DSM_0055.jpg
DSM_0048.jpg
DSM_0049.jpg

入手したときは[2]輪開花[かわいい][かわいい]で、[2]輪ツボミでした。

 

 

 

ツボミを追跡撮影して[カメラ]、、、、と目論んでたら、あっちゅー間[soon]に咲いて[かわいい][かわいい]いました。

 

 

 

速攻[雷]でやられました。

 

 

 

考えてる[いす]余裕などありません。

 

 

 

 

 

スイセンのツボミ展開中の状態を、なかなか観察する[サーチ(調べる)]事が出来ません。

 

 

 

 

DSM_0029.jpg
DSM_0011.jpg

重要な事[exclamation×2]を記述し忘れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このスイセンには香り[いい気分(温泉)]があります。

 

 

ベビーパウダーのような香り、優しい香り[いい気分(温泉)]がします。

 

 

サイズからは想像できないくらい、はっきりと[ひらめき]しています。

 

 

 

 

スイセンとしては特別な香り[いい気分(温泉)]です。

 

 

 

 

 

 

スイセンはもう店頭で見かけますが、天空~辺りでの自然開花はまだまだ先[次項有]です。

 

 

 

天空~の住人も昨年(2008年)のバルブを植え替えましたが、芽出しもまだ[眠い(睡眠)]です。

 

 

 

咲くかどうかもわかりませんが、春先には何か[exclamation&question]が出て来てほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淡い期待[るんるん]です。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

*****

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。