So-net無料ブログ作成
検索選択

巻き巻きラナンキュラス [├ 天空のベランダ(園芸)]

DSM_0509.jpg
DSM_0447.jpg
DSM_0441.jpg

ラナンキュラス(キンポウゲ科 Ranunculus asiaticus)です。

 

 

 

店頭でふつーに並んでいるのを、お好みで一つ入手してみました。

 

 

淡いピンクのラナンキュラスです。

 

 

 

 

以前はこの巻き巻き[台風]タイプはキンポウゲ科ぢゃない[exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2]

 

 

 

 

などと視野の狭いことを考えていました。

 

 

 

 

 

 

思い込みや偏見はいけません[exclamation×2]

 

 

 

でも好みは自由[るんるん]です。

 

 

  

 

 

DSM_0413.jpg
DSM_0465.jpg
DSM_0503.jpg
DSM_0487.jpg

画像はアップ日現在[on]の状態です。

 

 

花はまだ[exclamation×2]開き始めたばかりです。

  

 

でも撮影して[カメラ]記事にする[本]にはこの状況も良いと思ったのです。

 

 

 

 

ぎちぎちに巻き巻きの花弁は、この後展開していく[かわいい]のです。

 

 

 

 

キャベツ(アブラナ科)でもここまでぎちぎちではないでしょう。

 

 

 

 

DSM_0458.jpg
DSM_0427.jpg
DSM_0426.jpg
DSM_0425.jpg

いくつかツボミが付いた鉢を入手しました。

 

 

あれば、花とツボミ付きの鉢を選ぶのです。

 

 

 

 

生長過程を見ることが出来て、動的にも楽しめ[るんるん]ます。

 

 

 

 

の状態がこの中で一番初期のツボミです。

 

 

最終的にはまでボリュームアップ[グッド(上向き矢印)]するわけです。

 

 

 

 

開花[かわいい]するとさらに大きく[かわいい]なることでしょう。

 

 

 

 

 

 

大変なエネルギー[雷]が必要だと感じます。

 

 

 

 

 

DSM_0476.jpg
DSM_0478.jpgDSM_0493.jpg
DSM_0481.jpg

キンポウゲ科なので、花弁に見えるのは全て萼片です。

 

 

この際、キンポウゲ科では花弁でも萼片でも良くなってしまいます。

 

 

 

 

ちなみに香り[いい気分(温泉)]ありません。

 

 

残念ですが、香りというべき香りはしません。

 

 

 

 

昨年(2008年)も一度ラナンキュラスを記事[本]にしました。
「ラディッシュラナンキュラス(http://miyomiyo.blog.so-net.ne.jp/2008-04-06-m)」

 

 

花後、速攻で土に還っていきました。

 

 

 

 

 

蒸れと暑さ厳禁[exclamation×2]だったのです。

 

 

 

正解は暖かくなっていくにつれ、風通しの良い場所で、涼しく、乾燥気味で育てるのです。

 

 

最終的には、葉っぱが無くなったら速攻で掘り上げが正解[exclamation×2]でした。

 

 

  

 

 

 

 

今年は教訓が生きるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて ヽ(´ー`)ノ

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

「ぽちっとぽつり日記」 (超不定期更新)

 

 

 

 

 

ああああああああああああああっっっっっっっっっっ。

 

 

今日で正月休みがおわりだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~。

 

 

もっと寝正月が欲しいです。

 

 

せめて正月まで欲しいのです。

 

 

 

 

早急に自己修復[病院]を進めなければ~。

 

 

 

 

*****

 

 

  

 

 


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 5

oko

名前は知ってましたが、こういう花だったのですね♪
芽キャベツみたいです♪
十二単を超える重なり合いですね・・・・
お菓子で言ったらミルクレープでしょうか?
淡いピンクが優しげです〜♪
正月明けってホントにかったるいです・・・・
生活リズムがホントに狂っちゃいますよね〜
by oko (2009-01-04 22:19) 

miyomiyo

okoさん、ありがとうございます。

わーるどにはありませんでしたか〜。
ミルクレープで例えると、、、、ストロベリーでしょうか♪
そろそろ出してくるお店もあるかと思われます♪
自分は明日仕事に行けるか、いつも通りに、わかりません〜〜(笑)

by miyomiyo (2009-01-04 23:01) 

しろのぽ

明日になっても仕事始めにならないワタシも来ましたよ(と言ってみたかったorz)
バラなんかもそうですが、あの小さなツボミにあれだけの花弁が入ってて、開くとまたでかくなることにいつも驚きます。
真横から見ると、ちょっとシャクヤクに見えなくもないですね。
シャクヤクみたいに丁子咲きのとかできないのかな・・・いえ、思ってみただけです。
by しろのぽ (2009-01-04 23:24) 

miyomiyo

しろのぽさん、ありがとうございます。
 
でも明日から求職活動は開始ですか~。(と応援してるつもり!(^^)!)
画伯に元気がないとバトれないぢゃないですかぁ~。
その驚きは是非、@ホームで花弁の生長点をスケッチしてみて解明して下さい。
丁字咲き、見てみたいものですが西洋ではダブル化した後はカラバリ増やしたり、花をサイズアップする方に興味が行くみたいです~。

by miyomiyo (2009-01-04 23:42) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

by miyomiyo (2009-01-05 23:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。