So-net無料ブログ作成
検索選択

すみれ色のツノ [├ 天空のベランダ(園芸)]

DSL_4525.jpg
DSL_4453.jpg
DSL_4458.jpg

スミレ(スミレ科 Viola)です。

  

 

 

ミヤマスミレ系統だと思われます。

 

 

たぶん園芸種ほどではなくとも、自然に交雑した株ではないでしょうか。

 

 

茎立ちせず、分枝せず、株元の[1]カ所から花柄葉柄を出すのが特徴です。

 

 

 

(花柄)の色もスミレ色に染まっているのでした。

 

 

 

 

そして葉っぱもみたっぷりの[黒ハート]型です。

 

 

 

 

天空~の住人は、人それぞれにスミレ色のイメージが微妙に違うんだろうと思っています。

 

 

そうでした[手(パー)]

 

 

バイオレット(violet)パープル(purple)は異なる色なのでした。

 

 

 

 

DSL_4439.jpg
DSL_4461.jpg
DSL_4465.jpg
DSL_4505.jpg

株が小さいだけ、花のサイズ[かわいい]が大きく見えます。

 

 

 

 

分枝しないので大株になることはありません。

 

 

園芸種のビオラのように、こんもり[曇り]としたり、枝垂れ[バッド(下向き矢印)]たりはしないのです。

 

 

 

 

 

キャップの次の画像を見ると、花芽が角が生える様に発生している[グッド(上向き矢印)]のが見られます。

 

 

 

 

 

スミレ色のツノ[るんるん]です。

 

 
 
  

 

 

 

 

 

DSL_4471.jpg
DSL_4470.jpg

です。

 

 

 

 

スミレの種と言えば、弾け飛ばす[飛行機]イメージが一般的です。

 

 

 

 

ミヤマスミレの中には弾かずに置くタイプもあります。

 

 

 

 

 

品種的に生育環境が限定的だからでしょうか。

 

 

群落を作りながら世代を重ねていくタイプだからでしょうか。

 

 

 

 

 

種を株元に置くのは、ニオイスミレでも見られます。

 

 

ただニオイスミレの場合、種子ではなく、シュート(匍匐枝)で簡単に殖えていきます。

 

 

イチゴ(バラ科)みたいにシュートを四方に伸ばして殖えていくのです。

 

 

花を咲かせて、種を付けなくても殖えていくのです。

 

  

 

 

だから花付きが良くない[exclamation×2]のでしょうか。

 

 

 

 

 

DSL_4520.jpg
DSL_4472.jpg

花色はキキョウ(キキョウ科)を思わせる色です。
「桔梗後(http://miyomiyo.blog.so-net.ne.jp/2008-08-07-m)」

 

 

正面からまでスミレ色です。

 

 

見比べてみるとキキョウよりも柔らかいトーン[るんるん]です。

 

 

 

 

 

そーいえば今年(2008年)はにキキョウが咲きませんでした。

 

 

土に還ったわけではないのですが、何か間違った[exclamation&question]のでしょうか。 

 

 

 

 

DSL_4486.jpg
DSL_4449.jpg

入手経路は、、、、、、またまた付録モノです。

 

 

 

 

 

スミレ類は山草を入手すると株元に混ざり込んでいることがあります。

 

 

ですが、分けてしまうと大抵は土に還ってしまいます。

 

 

中には育ってくれるのもあるので、小さいプラ鉢などに植えておいたりするのでした。

 

 

 

 

 

 

 

そして見て見ぬふりどころか、忘却の彼方に飛ばされ[飛行機]ながらも育っていたりするのでした。

 

 

 

 

 

 

そんな状態でも、表土が乾いていると水遣り[たらーっ(汗)]しているのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識に行動している自分がコワイ[るんるん]です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種的には何だかわからないのですが、種が出来ても摘まずに放置しておくのでした。

 

 

  

 

 

次に気付いた時にどうなっているのか楽しみ[るんるん]です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつのことやら  ヽ(´ー`)ノ

 

 

 

 

ではでは。

 

 

*****

 

 

 

  


nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 4

コメント 10

oko

おお・・やさしい色ですね♪
赤・ピンク萌えの私は紫も嫌いな色では
無いのです。濃い紫よりもこのくらいの
パープル系が可愛いですっっ♪
そして茎まで紫?
色づきの季節の多肉は茎まで染まりますが
紫って事は無いですものね・・・可愛いっっ
シュートってランナーの事ですよね?
イチゴとかはランナーって言うけどこの場合は
シュートですか?
by oko (2008-12-28 17:14) 

しろのぽ

ワタシ的にすみれ色っていうとこんな色です。
花茎に花の色が混じっていることはよくありますが、すみれ色の根元はあまりにも鮮やかなのでびっくりです。
miyoさんきっと、水切れセンサーの感度がいいんでしょう。
ただし一部が全自動化してるようですね(笑)
by しろのぽ (2008-12-28 18:31) 

miyomiyo

okoさん、ありがとうございます。

色の鮮やかなビオラも良いですが、たまにはスミレ色も良いです♪
しかも優しげなトーンです♪
青軸とも呼ばれる茎に同感いただけましたか♪

匍匐枝はランナーでokoさんが正しいです〜。
シュートは根を張りません〜。

by miyomiyo (2008-12-28 20:49) 

miyomiyo

しろのぽさん、ありがとうございます。

(?_?)画伯はこの色でしたか。
肥後スミレだともっと濃い色の気がします。

根と茎の中間は何でも発生させてしまう部分に思えてしまいます。
世を賑わせている万能細胞的部分でしょうか。

今では鉢毎に考えて水遣りしていることは有りません。
プログラムの出来が怪しい全自動水遣りおぢさんです。

by miyomiyo (2008-12-28 20:57) 

のぐのぐ

スミレ綺麗ですね(^∀^*)
癒されます♪♪
茎まで色がついてるって事を初めて知りました(・ω・*)
今実家にかえる為に荷物をバックに詰め込んでいるんですが
なぜかバックがパンパン状態になってますww
☆不☆思☆議☆(・∀・)
by のぐのぐ (2008-12-28 21:42) 

響

野草好きにはたまらないスミレです。
と、いっても最近はめっきり記事を書いてない・・・

by (2008-12-28 21:50) 

miyomiyo

のぐのぐさん、ありがとうございます。
 
全てのスミレの茎が色付いている訳ではありません(@_@)
また全てのスミレに香りが無い訳でもありません(゚o゚)
その土地土地のスミレがあると言っても過言では無いと思ってます(^_^)V
のぐのぐさんの故郷は歴史有る街だけにきっとあると思うのですo

実家に帰る時って普段のバッグで良くないんですか(?_?)

by miyomiyo (2008-12-28 22:44) 

miyomiyo

響さん、ありがとうございます。

日本はスミレ王国と言われる国です。
でも足元を見ていないとその存在に全く気付きません。
天空~の住人のような存在です(・~・)
隊長が真面目に探し始めたら魅惑的なのがたくさん出て来そうでコワイです。

by miyomiyo (2008-12-28 22:49) 

ゆう

咲かないキキョウの方のことが気になりますが何か?
スミレ・・・今年スミレに黄色があることを認識した私です。
しかし連日のアップにそろそろカウントダウンが・・・とそっちも
気になっていけませんが何か?

by ゆう (2008-12-28 23:18) 

miyomiyo

ゆうさん、ありがとうございます。

キキョウのところはそんなに気にする必要はありません。
ただの伏線ですから。
黄色い原種のスミレは確かに稀少です。
連日のアップは今までのペースなので気にする必要はありません。
こっちには伏線はありません。

画伯が遂にえふに赴き、蛇巻岩で何をしてくれるか楽しみですが何か。
(いったい何さまなんだ、自分。(笑))

by miyomiyo (2008-12-29 00:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。